難病・難治症改善コース

治りにくい病気も治す

治りにくい病気も治す

  • 側弯症でコルセットを作るか検討している
  • 脊柱管狭窄症で手術を勧められた
  • 脳梗塞のあと、リハビリがつらい
  • 病院で余命数か月と宣告された
  • 一生、薬と付き合うしかないと言われた

もし、1つでも該当する方は手術や投薬のみに任せるのではなく勇気をもって当院までご連絡ください。

原因不明と言われる疾患の多くは、体液(血液やリンパなど)や神経の『循環不良』が原因で起こると当院では考えています。

その考えは、臨床現場でのリアルな症状改善の体験からきています。

人の体は『循環不良』を起こすと、組織や細胞が栄養不足となり、劣化や変質、硬質化などが起こり、それらによって体には様々な疾患が現れてきます。

当院では、体液や神経の流れを正常な状態へ戻すことで、難病や難治性と呼ばれる症状の改善に取り組んでいます。

こんな症状は関係ないだろうな?など思わずに、まずはご連絡ください。

もう大丈夫ですよ!

はじめまして。

川西市と近郊の市町村で難病・難治症の改善に取り組む、川西さくら整体院 院長の阪上です。

あなたは病院で、

「もう治す方法はない」
「手術するしか仕方ない」
「一生薬を飲み続けないといけない」

などと告げられたことはありませんか?

そして、「それしか無いんだ…」と思い込んでいませんか?

それは、あなたが現代医学の常識とされる、狭い知識に囚われ過ぎていたり、情報が不足しているだけかもしれません。

当院では、がん、アトピー、側弯症、脊柱管狭窄症、認知症などといった難病・難治症と言われる症状の改善に取り組んでいます。

医療業界、整体業界の常識を覆す手技!

「絶対に治らない」

「現代医学では対応できない」

と、医師から宣告された難病・難治症を改善する「小沢流武術整体(※)」を当院は阪神地区の整体院で唯一継承し、難病・難治症の改善に取り組んでいます。

小沢流武術整体を使った整体では、以下のような症状について完治または改善がみられています。

がん ・側弯症 ・脊柱管狭窄症 ・手術を勧められた変形性膝関節症 ・脳梗塞後の機能障害 ・バセドウ病 ・橋本病 ・花粉症 ・アレルギー性皮膚炎 ・アトピー性皮膚炎 ・リウマチ ・飛蚊症 ・糖尿病 ・認知症 ・パーキンソン病 etc.

「もう無理かも・・・」と思っていても、当院なら何かあなたのお力になれることがあると思います。

当院と一緒に改善の道筋を探してみませんか?

あなたのご連絡をお待ちしております!

【※】「絶対に治らない」と宣告された難病・難治症を改善する「小沢流武術整体」

難病・難治症改善コースの特徴

“難病”と呼ばれている疾患でも、発生原因のほとんどが不良姿勢、体液の循環の悪さ、神経伝達の滞りなどが原因です。

例えば、ガンなどは手術によって病巣を取り除くことはできますが、手術の後に「再発」したという話しをよく聞きます。

それは病巣を取り除いてもガンになった原因を取り除いていないからです。

難病・難治症改善コースの考えは手術や薬による「対処療法」ではなく、東洋医学の考えに基づいた「根本療法」です。

1.シッカリと、ガッチリと

最近の整体は「短時間で高額の施術料金を」というのが主流になってきました。

東京などでは10分12,000~15,000円などはザラにありますが、それで本当に改善すれば全く問題はないと思います。

難病・難治症改善コースの対象になる方は「病院が治療を諦めた」方がほとんどです。

そういった患者様の施術が10分程度の施術で根本から改善するかというとかなり難しいかと思います。

難病・難治症改善コースは1回の施術時間に60~90分ほどかけて全身をシッカリと、ガッチリと施術して症状の根本改善を目指します。

※赤丸:難病・難治症改善コースの基本的な施術範囲

2.東洋医学を基盤とした姿勢の改善

「東洋医学」というと鍼や灸を思い浮かべるのではないでしょうか?

難病・難治症改善コースは東洋医学的な考えに基づいた姿勢の崩れが多くの難病の原因の一つと考えています。

脊柱の並びは一般的に「頸椎前弯、胸椎後弯、腰椎前弯」が常識とされています。

しかし、難病改善プログラムではこれこそが体の歪みを作る原因の一つと考え、当コースの考える正しい姿勢を身に付けるよう指導しています。

3.根本原因の改善

一般的な病院や接骨院(整骨院)でよく行われる、手術、電気、温熱、牽引、湿布、注射などは対処療法と言われます。

「対処」なので、その効果はあくまでも一時的なものです。

難病・難治症改善コースでは対処療法ではなく施術効果も持続する根本療法を目指しています。

 

4.ムラの無い技術

当院は院長が一人で施術を行っています。

施術者の多い院では必ず技術や施術効果に差がでますが当院ではその心配はありません。

5.改善がスタートです!

難病・難治症改善コースでは「改善した」が患者様の健康な日常生活のスタートと考えています。

改善した“だけ”で日常生活のケアをしないと根本療法をしてもまた再発します。

改善した後も定期的に通ってケアをしてもらう事で患者様が体の悩みなどがなく、明るく、笑顔で人生を全うできる生活を患者様と作っていくことを目指しています。

6.安全で気持ちのいい施術

「力を抜いてと言われても抜けない」
「首の施術をやられた時に痛かった」
「ボキボキの前はいつも緊張します」

他院でボキボキ矯正を受けた方に多い感想です。

ボキボキ矯正は施術後の変化は出ますがリスクの高い施術です。

当院では関節をバキバキ鳴らすような矯正は行いませんのでご安心ください。

人体の可能性を信じて!

アメリカでスーパーマンを演じた俳優クリストファー・リーヴが1995年落馬事故により脊椎を損傷し、身体麻痺になったのは有名な話しです。

彼はその状態からリハビリに励み、誰もが不可能だと思うなか、右手首、左手の指、両足を動かすという現代医学では考えられない回復を見せました。

日本でも、奈良にいる私の知人の甥っ子さんが交通事故で下半身不随となり、5年以上も車椅子生活だったのが、整体で自立歩行が出来るまでに回復したことがあります。(※)

難病・難治症改善コースでは「症状が改善する」が健康への第1歩と考えています。

当院では、“人体は死ぬまで再生する可能性を秘めている”との思いで、あなたの症状が改善してから体の悩みなどが改善または軽減して、明るく、笑顔で人生を全うできる生活を作っていくことを目指しています。

※参考文献 零式活人術Ⅱ 炭粉良三 著

難病・難治症でお悩みのあなたへ

院長写真

なぜ難病・難治症の改善にチャレンジするのか?

私はこの業界で患者さんの体の不調の改善に取り組んで20年以上になります。

肩こり、腰痛など一般的な症状に関しての改善は地域でもトップクラスだと自負しています。

私が難病・難治症を何とかしたい!と思うようになったのは、18年前に母を肺癌で亡くしてしまったことがきっかけです。

母のガンを知って

私が母の肺癌を知ったのは、実家に呼び出されて「実は以前から肺癌が見つかっていて抗癌剤治療をしようと思っている」と告げられた時です。

抗癌剤は、癌を治す薬ではないので私は猛反対!!

その代わりに、癌を改善をするための現時点でできる施術を週に2回することと、体を温めるいろいろな方法をアドバイスして数か月が経ちました。

朝、実家からの緊急の呼び出し

ある朝、実家から「お母さんがトイレで立った時に倒れて足が痛いって言って動けないからタクシーに運ぶのを手伝ってくれ!」と父親から緊急の呼び出し電話がありました。

実家に着くと痛みで動けない母を何とか背負ってタクシーに乗せて父親が付き添いで宝塚市の某病院に行くと…癌の転移による大腿骨頸部骨折でした。

そして、分かったのが反対していた抗癌剤治療を実は私に内緒でやっていたということ。

運の悪さは連鎖して…

通常、大腿骨頸部骨折をした場合はすぐに手術が行われますが、母が入院した時は運悪くゴールデンウイークの初日で先生がお休みのため手術が出来ない(後日、救命救急で働く友人からそんなん通常ではありえん!と言われましたが)ので痛み止めの処置だけで実質放置状態。

体を少し動かすだけでも痛いのと、ベッドから全く動けないストレスで日に日に弱っていく母。

床ずれも出来はじめたので、低反発の高級マットレスを病院に打診して入れ替えるだけしか出来ずに休み明けの手術に賭けるしかない家族。

そして、ようやくゴールデンウイークが明けて手術前のMRI検査をした時に「こんなん手術してもしゃあないやん」というレントゲン技師の心無い一言を聞いてしまい、検査室から出てきて「私、死ぬんや…」と言って一気に生気を失う母。

母の最期は…

それから、5日ほどで母は他界しました。

最期は痛みの止めのモルヒネも効かず、意識不明になり、人工呼吸器や心電図、点滴などの機械に繋がれて息を引き取りました。

意識が朦朧としているなかでの母の最期の言葉は「早く死なせて」「私、何も悪い事してないのに」でした。

母の死後

体を治す仕事をしていながら何も出来なかった自分の力の無さにかなりのショックを受けた私は「いつか、癌を治せるようになりたい」と強く思うようになり、そういった治療も出来ると言われるいろいろな整体を探して出会いはするものの習得は困難なものばかり。

そのうち、妹も肺がんになり右の肺を2/3切除、3年前には叔母も同じ肺がん亡くし、「何とかならなかったのか・・・?」という思いで苦しんでいました。

諦めかけた自分に光が!

癌を治せるような整体とかは自分には「もう無理かな?」と思って諦めかけた時、あるきっかけで「小沢流武術整体」に出会いました。

小沢流武術整体は「難病・難治症」と呼ばれ病院の治療では諦めなければならなかったり、一生薬を飲み続けなければいけないと言われている疾患も、施術中に患者さんが眠ってしまうほど体にソフトなタッチで改善させることのできる整体法です。

この施術を習得できれば、私の母や叔母のように苦しんで亡くなる人、それに胸を痛める家族や親せき、友人などを一人でも減らすことができる…そういった希望の光がようやく差し込んできた気がしました。

医療の常識を超えて

「もう良くならない・・・」とお悩みではありませんか?

もし、あなたが病院の先生から、

・良くなる方法はもうありません
・手術するしかありません
・薬を飲み続けないといけせん
・余命数か月です

などと宣告されたら・・・

現時点のお悩みが『100』として、それが、10%でも20%でも楽になったとしたら・・・

諦めていた暗闇に光が差し込むような、安心で楽しい日々を過ごせる希望が湧くような、そんな感じになるのではないでしょうか?

諦めたくない!

もう少し頑張ってみたい!

当院は、そう思っているあなたを全国を駆け巡ってでも全力でサポートしたいと思っています。

何かピンッときたら今すぐ当院までご連絡ください!

■ ホームページ限定特典

今なら、初検料 2,200円が無料!

16,500

(通常初回価格:初検料2,200円+施術料16,500円=18,700

※1日2名様限定 9/30(金)まで。

・分割でのお支払いもご相談ください。
・価格は全て税込みです。

追伸!

ご自宅や病院から動けない、動き難いという方もご安心ください。

当院は全国への出張も可能です!

まずは、電話かメールでお問い合わせください。

※症状によっては残念ながらお断りする場合もありますのでご了承ください。
※メールでのご予約の場合、3営業日以内に返信が無い時はお手数ですが、お電話をお願い致します。

川西さくら整体院

〒666-0021兵庫県川西市栄根2‐5‐6 サニーハイツ1F