川西市・宝塚市の整体,妊婦整体,スポーツ外傷はてんい整骨院へ
Slider

院長紹介

よく「中学生や高校生でも腰痛になるんですか?」と質問を受ける事があります。
私自身、高校時代に学校のクラブ活動(剣道部)で腰と肘を痛め、近所の診療所に何度も通院しましたが、良くならず悩んでいました。大学に入学後も、剣道を続けようとクラブに入いるものの、治らないままだった傷が悪化し、わずか数週間で退部をすることになりました。
その後、腰の痛みはマシになるどころか足への痺れと広がり、日常生活にも支障をきたしはじめ、さすがにこれはマズいと思い、いろいろな治療に通いました。しかし、どの治療も全く良くなる事がなく、「これはもう一生治らない?」という不安をもった経験があります。
そんな時、バイト先の友人に教えてもらった整体院があります。
大学生の最低時給が480円の時代に1回6000円の治療費はかなりの痛手でしたが、
「これだけの金額をかけてダメなら諦めるしかない!」そう腹をくくって、診察を受ける事にしました。
最初1~2回は特に変化はなく、「やっぱりダメかな?」
と思いつつ3~4回通いだしてから症状が少しましになっているのに気づき、
不安と絶望に少し光が差した気がしました。
それから10回ほど通う頃には随分と症状が楽になり「治るんだ~」とホッとしたのを覚えています。私はこれがきっかけで元々興味のあった整体師という仕事にグッと魅かれる事になります。
整体師という道に進んだのは、あの不安と苦悩の日々を送っていた自分と同じように悩んでいる人がいて、
辛い経験をした自分はそういった人達の立場に立って話しを聞くことができる。
そうして、不安や悩みを抱えていた私を治してくれた整体師の先生のように、
自分も自分と同じように不安を抱え、悩んでいる人達の役に立ちたいと思い、
一念発起してカイロプラクティックの専門学校に通う事にしました。

カイロプラクティックの専門学校を卒業後は、整形外科でカイロプラクティック、テーピング、
リハビリ助手などを約5年半にわたり担当したのち、独立して「MJTカイロプラクティック てんい治療院」を開院します。
開院後は、オステオパシーによる妊婦さんや小児に対するテクニックやその他の整体の手技を学び、
平成25年に柔道整復師の国家資格を取得後、屋号を「てんい整骨院」としました。

当院は、カイロプラクティック、オステオパシーなどで培ったソフトでボキボキしない手技で、
一般的な身体の不調から、スポーツ外傷、妊婦さんのケアにも力を入れています。
また、手技では改善しにくい症状の回復や慢性疲労、ストレスの軽減のために兵庫県で初めてサイマティクス(音振療法)も取り入れました。
昨年からは年に数回、キネシオテーピングのセミナーを開催し、スポーツのケガで試合に出られない選手でも何とか試合に出られるようなテーピングができる人材の育成に取り組んでいます。

現在、NPO法人日本妊産婦整体協会の理事に就任し、妊産婦さんの安全・安心な出産と産後のケアができる人材の育成、
ネットワークの構築、地域の医療機関との円滑なコラボレーションなどを協会本部と協力して進めています

#
院長 : 阪上孝信 (柔道整復師、整体師、サイマティクスセラピスト)
【資格】
■柔道整復師(国家資格)
■サイマティクス(音響療法)セラピスト
■クラシカルオステオパシー(week3、国際セミナー 修了)
■カイロプラクター
■テーピングインストラクター
■機能訓練指導員
【活動】
NPO法人 日本妊産婦整体協会 理事
JACO 日本クラシカルオステオパシー協会会員
護身術 夢想圓武会 主宰

【keep a birds
レモン&モコ

【学歴】
仙台大学 体育学部 卒
大阪総合カイロプラクター学校 卒
関西健康科学専門学校 柔道整復師科 卒
【趣味】
地域活動として、護身術教室の主宰と少年剣道の指導を週に1日ずつしています。
暇があれば、娘の試合の応援、合氣柔術の稽古、釣り、スキー などをしています。

更新日:

Copyright© 川西市・宝塚市の整体・妊婦マタニティケア・スポーツ外傷はてんい整骨院へ , 2018 AllRights Reserved.