慢性腰痛&妊娠中・産後&スポーツは川西市てんい整骨院

慢性腰痛&妊娠中・産後&スポーツは川西市てんい整骨院

慢性腰痛&妊娠中・産後&スポーツは川西市てんい整骨院

マタニティ整体

帝王切開について➁

投稿日:

一度、帝王切開術の適応になった人は、次のお産で経膣分娩ができない状態になる確率が高くなります。

前のお産で帝王切開術になった理由が、逆子や横位、赤ちゃんの具合が悪くなったなどの偶然の要因であれば8割くらいが成功しますが、途中で分娩が停止したなどの場合は成功率が低くなります。

それは、もともと十分な陣痛がきにくい体質であったり、骨盤や産道の条件が悪かったりする場合が多いからで、逆に経膣分娩の経験がある場合は成功率が高くなります。

なお、「帝王切開は3回まで」というのは都市伝説で、4回でも5回でも出産できます。

ただし、同じところを切って縫うので、子宮の筋肉は薄くなるし、お腹の中の癒着は激しくなるし、いろいろと悪い状態の出産になることを理解しておいてください。

帝王切開術によるお産は、2011年の厚生労働省の統計によると、日本では約19.2%の妊婦さんが帝王切開術で赤ちゃんを産んでいます。

20年前と比べると約2倍に増えており、今や珍しい出産方法ではない感じになってきています。

自然分娩にこだわるあまり、経膣分娩を推奨する助産院や病院ばかりを探す妊婦さんもいますが、出産において最も大切なことは、赤ちゃんとお母さんの安全を確保することです。

帝王切開術も、立派なお産です。

それをバカにしたり、一方的に「かわいそう」 などと評価したりする人が周りにいても無視して、赤ちゃんが無事に産まれてくることを第一に考えましょう。

安心安全には理由があります!
てんい整骨院はマタニティー整体をおこなっております。

詳しい詳細はこちらをご覧下さい。

-マタニティ整体

Copyright© 慢性腰痛&妊娠中・産後&スポーツは川西市てんい整骨院 , 2020 AllRights Reserved.