川西,宝塚,池田,猪名川町の整体,整骨院,妊産婦整体,産前産後,腰痛,スポーツ外傷,五十肩,頭痛,交通事故,サイマティクス(音振療法), カイロプラクティック,オステオパシー,

首 肩 腰 膝の痛み、スポーツのケガ、交通事故、産前・産後の整体もお任せ!

五十肩

五十肩

五十肩」?「四十肩」?

40歳代で肩が挙がらなくなったら「四十肩」で50歳代なら「五十肩」ですよね?

と、患者さんからこういう質問をよくされます。

でも、30歳代でも60歳代でも肩が痛くて挙がらなくなるツライい経験をされる方は沢山います。

では、違いは?と聞かれると・・・これが諸説紛々なのです。(/_;)

a.四十肩、五十肩「肩関節周囲炎」という。

b. 「腱板損傷」「石灰沈着性腱板炎」なども含めて「五十肩」と呼んでいたが、原因のあきらかな疾患は五十肩に含めない。

c. 次の3条件を満たすものを「五十肩」と呼ぶ。
①肩に疼痛(痛み)と運動障害がある
➁患者の年齢が40歳以降である
③明らかな原因がない etc....

なので私的には、

①肩が少ししか上がらない(他力でもムリ!)。

➁痛みで物を持つ事が困難。

③安静にしていても痛みがある。

④夜は激痛で寝れない。

⑤普段のちょっとした何気ない動作でも激痛がはしる。

などの症状が「五十肩」の代表的なお悩みですと説明しています。

簡単にいうと「四十肩」よりも半端なく悪化したものが「五十肩」と言ってもらってもいいかと思っています。

※ただし、整骨院では病名の確定診断は法的に禁じられていますが・・・。

【原因と考えられているもの】

年齢とともに、
①肩を支える筋肉(腱板)の炎症や部分的な断裂
➁肩峰下滑液包(腱板の上にある袋)の炎症や癒着
③上腕二頭筋の腱に炎症(上腕二頭筋長頭腱腱鞘炎)

などがおこりやすくなり、こうしたことが肩の痛みや動きの制限をもたらしますと考えられています。

※腱板:肩関節の動きをつかさどる筋肉のうち、たいせつな4つの筋肉
(①棘上筋 ➁棘下筋 ③肩甲下筋 ④小円筋)をいう。

五十肩の特徴など】

・疫学的には一般人口の2~5%が罹患(りかん)すると言われ、
 女性(とくに非利き手側)にやや多い。

・両肩同時に発症するケースはほとんどみられませんが、
 片方発症した後に逆の肩という両側罹患は6~34%ある。

・糖尿病の患者さんの10~30%が罹患しているというデータがある。

・小外傷や血流障害をきっかけに、老化を基盤とした関節包の軽度な炎症が
 自己免疫反応を引き起こすといった考え方。

・長い期間、野球などのスポーツや仕事によって肩関節(腱など)を酷使し、過去に関節を傷めたことのある人は、いったん、四十肩・五十肩にかかると治りにくい傾向がある。     etc・・・。

五十肩の原因は未だ解明されておらず、病態も不明な点が多くあります。
 また、軽症で済むか重症化するかの仕組みもはっきりしていないのです。

【症状の進行具合など】

最初、肩関節付近に鈍痛がおこり、腕の可動範囲の制限が起こる。

次第に痛みは鋭いものになり、急に腕を動かす場合などに激痛が走るようになる。

痛みのために、腕を直角以上に上げられなくなったり、後ろへはほとんど動かせないなどの運動障害が起こる。

重症化すると、洗髪、髪をとかす、歯磨き、炊事、洗濯物を干す、電車のつり革につかまる、洋服を着る、寝返りを打つ、排便後の尻の始末などが不自由となり、日常生活に大きな困難をもたらす場合がある。

・痛みは片方の肩だけの場合と、一方の肩が発症してしばらく経つともう片方の肩にも発症してしまう場合とがある。

・片方の肩が発症してしまうともう一方も発症する確率が高いようで、これを防止することは難しい。

・また、痛みのピーク時には肩の痛みに加えて、腕全体にだるさや痺れがあることも。
常に腕をさすっていないと我慢できない、と訴える患者もいる。

・初期の症状が始まってからピークを迎えるまで数ヶ月を要し、ピークは数週間続き次第に和らいでくる。

・痛みのレベルにもよるが、
鋭い痛みが感じられなくなるまでに半年前後、ボールなど物を投げられるようになるまでには1年前後かかる。

腕の可動範囲を発症前の状態までに戻せるかどうかは、痛みが緩和した後のリハビリ次第だが、多くの場合発症前の状態には戻りにくい。

と言われています。

【院長の体験記】

『五十肩』体験記

実は私も五十肩の経験しました。(涙)

なので罹患された方の痛みや苦しみ、ツラさは本当にわかります。

五十肩の原因は未だにハッキリしていませんが、私の場合は柔道整復師の専門学校時代に柔道の授業(必修)で肩鎖関節脱臼をしたのがきっかけと思われます。

脱臼後、多少の痛みはあったものの日常生活や仕事にも不便がなく、痛みの無い時もあったので、「そのうち治るだろう」とそのまま放置していました。

そのうち、痛みが引かない時間や日にちが増えてきました。

そして、ある日(脱臼から2年目くらい?)を境にして、急に腕がある角度までしか挙がらなくなり、夜間痛で寝れなくなり、日中も常に痛みがでるようになりました。

これはマズい!と思い、カイロプラクティック、オステオパシー、鍼灸、テーピングなどいろいろな治療を受けに行きましたがどれも効果がいまいち。

※ちなみに、整形外科で関節注射を勧められましたがこれは意味が無いので拒否しました。(笑)

そして、痛みは段々と増してきて・・・
・夜間痛で夜中に何回も目が覚める。
・痛みで寝返りがうてない。
・日常のちょっとした動作でも激痛(かがみ込むくらいの)がはしる。
・勿論、腕はある角度までしか挙がらない。

寝不足と痛みに耐える日々が続きます。

幸いにも仕事は痛みの出る角度まで挙げなくても何とかなったので大丈夫でしたが、痛みを隠しながらの患者さんの治療はかなりツライものがあります。

そうしているうちにピークから半年ほどが過ぎて、夜間痛と安静時痛が少しおさまってきました。

夜間痛や安静時痛は随分と治まったものの肩の動く範囲はほとんど変わらない・・・。

そんな頃に意外な治療法に出会います。

それが・・・

①ツボ療法

縁あってまたまた、鍼灸の治療を受ける事になりました。
以前にも有名な先生の治療を何回か受けて効果が無かったのでどうかとは思っていたのですが、やはり治療後の効果は感じられない・・・。
施術後に「どうですか?」と聞かれる先生に「いや~(笑)」と・・・。
そうすると先生が「もう一度寝てください」と言われる。
どうするのかな?と思っていると、
「少し、痛いですよ」と言って腕のツボを押させながら腕を挙げた。
すると、痛みはあるがいつもより楽に腕が挙がる・・・。
「次は今のツボよりも痛いですけどいいですか?」と言ってまた腕を挙げる。
すると、確かに先ほどよりもツボの痛みは強いが腕はさらに挙がるし、肩の痛みもまし・・・。
「へぇ~こんなやり方もあったんだ・・・( . .)φメモメモ・・・それなら鍼を打つ必要なかった・・・?」
早速、院で患者さんに試すとこれが大好評!!でした。

サイマティクス(音振療法)

オックスフォード大学のマナー博士が研究し、20年ほど前に日本に伝わった治療法。
サイマティクスは音による振動を患部に与えるだけ。
患者さんは楽な姿勢で施術を受けられ、副作用が全くありません。

このサイマティクスをあるご縁で施術をしていただけることになり、名古屋にある本部へ向かいます。

1時間ほどベットでうつ伏せで寝の状態で施術を受けて終わると、今まで挙がらなかった腕がほとんど違和感なく、痛みも全くなく挙がる・・・。

これは今までに経験した事のない感覚と驚きでした。

そして、肩鎖関節脱臼をして上方に突出していたはずの鎖骨の外端が、ほとんど目立たないくらいに戻っている・・・。

そんな事は、整形外科学でも柔道整復学の常識ではあり得ない出来事。

師曰く、「神様は本当に苦しんだ人しか助けてくれないんだよ」

まさにその通りなのかもしれない・・・ふと、そう思うほどでした。(笑)

【一般的な施術方法】

1.整形外科など
➀初期
初期(炎症期)の痛みが強い時期は、保存的治療が原則ですが、
整形外科では、消炎鎮痛薬の内服や関節内にステロイド薬やヒアルロン酸ナトリウムの注射(動かしたときの痛みはしだいに軽くなりますが、肩の動きが悪くなります)

➁拘縮期(拘縮が完成する時期)~
この時期には、ホットパックや超短波などを使った温熱療法と、肩の動く範囲を広くする運動療法が治療の中心となります。
家庭でできる運動としては、入浴後に、前かがみの姿勢をとり、コッドマン体操(アイロン体操)で腕を前後左右に振るという運動があります。

2.市販では
「すり減った軟骨の回復を促進させるため、サプリメンを摂るようにしましょう!」
コラーゲン、ヒアルロン酸、コンドロイチン などがおすすめです。
というようCMなどをご覧の方も多いはず。
でも、効果はほとんどありません。

【当院での施術】

当院では、五十肩に対して保険治療と自費治療(サイマティクス)の両方を選んでいただけます。

1.健康保険を使った施術
・温熱
・機能解剖学に基づく肩関節の可動域の改善
・必要であれば一部自費負担で整体による筋骨格の矯正などを追加

2.自費での施術(サイマティクス)
サイマティクスは、筋肉、関節、靭帯などを細胞レベルから修復していきます。
・詳しくはサイマティクスのHPをご覧ください。


当院はこの2本柱で「五十肩」の早期回復は地域No.1の自信があります!!

周囲に理解してもらえないツライ痛みをお持ちの皆さん!

一日でも早くそんな悩みから解放されましょう!

当院はそんな皆様の『最後の砦』です。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional