川西,宝塚,池田,猪名川町の整体,整骨院,妊婦整体,産前産後,腰痛,スポーツ外傷,五十肩,頭痛,交通事故,サイマティクス(音振療法), カイロプラクティック,オステオパシー,

産前・産後の整体,スポーツのケガ,腰痛,交通事故,五十肩,関節の痛みに【 てんい整骨院】

スポーツ障害

スポーツ、武道の専門家がみます!

スポーツ・武道でのケガは、てんい整骨院へ!

画像の説明

スポーツによるケガのツラさや不安はスポーツ経験者が一番よく解ります。

○試合に出れるか?
○復帰できるか?
○いつ治るのか?

などなど、私も現役時代は随分とケガに泣かされました。

私も含めそういった経験のある施術師は、より選手の立場に立った施術をしようと思うものです。

当院では私個人のそういった経験と想いも含めて、スポーツ選手がより早くBestな状態を取り戻せるよう日々取り組んでいます。

◇スポーツのケガを専門に診てほしい方。
◇現場に早く復帰したい方。
◇慢性の疲労を何とかしたい方。

◎体育大学卒
◎全国大会で優勝、上位入賞の指導経験がある

スポーツ外傷は、てんい整骨院の院長に是非一度ご相談ください!

【スポーツ関係】
野球、バスケットボール、マラソン、テニス、水泳、ゴルフ、サッカー、カヌー、ソフトボール、スキー、新体操、チアリーディング、スノーボード、卓球、アメリカンフットボール、バレーボール、バドミントン、トライアスロン、陸上競技(短距離) etc.

【武道関係】
剣道、日本拳法、少林寺拳法、空手、合気道、柔道 etc.

※主に以上のような種目の方々にご来院いただいています。

画像の説明 画像の説明 

スポーツ選手に多い障害・疾患

【頸部】

頭部外傷、頚椎損傷、 頚部捻挫

【肩~肘~手】

鎖骨骨折、肩鎖関節脱臼、肩の痛み(野球、テニス、水泳など)、
リトルリーグ肩、ルーズショルダー、スラップ損傷、
肘の痛み(野球、テニス、ゴルフなど)、
肘の離断性骨軟骨炎(OCD)・腕骨近位骨端線損傷、
手首の捻挫・腱鞘炎、突き指、
ばね指(マレットフィンガー)

【背中~腰】

腰痛、椎間板ヘルニア、腰椎分離症、腰椎分離すべり症、脊椎損傷

【膝~足】

肉離れ、足がつる、こむら返り、ふくらはぎの痛み、ジャンパー膝、
ランナーズニー(腸脛靭帯炎)、半月板損傷、内・外側側副靭帯損傷、
前・後十字靭帯損傷、変形性膝関節症、オスグッド、
シンスプリント、アキレス腱断裂、アキレス腱炎、足首の捻挫、
舟状骨骨折、ケーラー病

【その他】

筋肉痛、骨折、疲労骨折、打撲、脱臼、
腱鞘炎、使い過ぎ、骨端症、熱中症

画像の説明 画像の説明

スポーツ障害のマメ知識

筋肉痛

【筋肉痛の原因】
筋肉は、筋繊維が伸びきった状態で力を出そうとする時に、筋繊維が小さな断裂を起こしやすくなります。
この筋繊維の断裂が筋肉痛の痛みを起こす元になります。

【筋肉痛の痛み】
筋肉痛によって発生する痛みは、
➀筋繊維組織が再生する過程で炎症を起こして発生する
➁運動によって蓄積した疲労物質である乳酸の働きである
と言う説があります。
筋肉痛の痛みは人によっては相当のものです。
安静にしていても痛みが治まらず、二・三日は痛みが続く性質があるためスポーツはおろか、日常生活にも支障が出てきます。
また、筋肉痛の痛みは年齢と共に時間差で発生するようになる性質があるため、運動をした次の日以降に筋肉痛に悩まされることで自分の老いを感じることがあります。

【一般的な筋肉痛の対処法】
筋肉痛は、疲労して損傷した筋肉が再生する過程で起こります。
➀血流の改善
筋肉痛の治療の基本は「アイシング→温め」です。
筋肉痛の痛みは、筋肉の炎症が原因の一つとなっています。
この炎症をアイシングなどで冷やして鎮めた後で、マッサージや入浴で温め血行を良くして治りを早めます。
冷たいシャワーを浴びた後湯船に浸かって温まるといった「温冷浴」や冷湿布が効果的です。
➁クールダウン
運動をした後の筋肉は、強張った状態になっています。
この筋肉の強張りは血流を阻害して筋肉痛を長引かせる原因になってしまいます。
クールダウンでストレッチ体操を行い、筋肉の柔軟性を取り戻して血行を促進することで筋肉痛の発生を予防または痛みを抑制する効果が期待できます
運動後のクールダウンは、疲労の回復だけでなく筋肉痛を防止する為の重要な役割を持っています

当院では主に…
①筋肉、筋膜を緩める
痛んだ筋肉はその周りの筋膜も問題を起こしています。
筋肉痛はグリグリ揉んではダメです!
筋肉の反射やストレッチなどで無理なく緩めていきます。

➁関節の動きの改善
意外と見逃されがちなポイント!
関節の動きが悪いと筋肉の動きに負担がかかります。

③テーピング
テーピングで筋膜の緊張を緩めて、体液の循環を改善する事で回復が早くなります。


肉離れ

肉離れは、太腿やふくらはぎの筋肉が断裂してしまうスポーツ障害です。
肉離れで起こる筋肉の断裂は筋肉痛よりも広い範囲でおこるため完治するまで数週間以上掛かる場合もあります。

【肉離れの原因】
肉離れは、身体の全重量を支えるための強い筋力が収縮している際に自分が出した筋力に耐え切れず部分断裂を起こすことで発生します。

【肉離れの症状】
肉離れは、筋肉に関係するスポーツ障害の中でも長引きやすい性質を持っています。
主な症状としては、痛みや歩行困難、炎症による腫れが挙げられます。
症状が現れている時には運動は厳禁です。

【肉離れの再発】
肉離れの最も厄介な点は、完治しても再発しやすいという点にあります。
全てのスポーツの基盤となる脚に起こるスポーツ障害だけに、肉離れの再発は大きな問題となります。
肉離れによる故障が原因で現役引退に至ったプロ選手も少なくないため、肉離れを起こさないように注意を払うことが必要です。

【一般的な肉離れの対処法】
肉離れが起こったら早急な対処をすることが、肉離れ治療の基本です。
肉離れへの対処は、スポーツ障害への対処の基本である「RICE」で行われます。
RICEとは、
➀安静(Rest)
➁冷却(Ice)
③圧迫(Compression)
➃挙上(Elevation)の頭文字をとった言葉で、
「横になって安静」「患部の冷却」「患部の圧迫」「患部を心臓より上に挙げる」という応急処置です。
肉離れが発生してから48時間はRICEに従った治療を継続し、痛みが引いてきたら温熱療法などで回復を促していきます。
場合によっては抗炎症剤を使って痛みを抑えたり、電気刺激を与えたり、テーピングすると言った対処法が行なわれます。

当院では主に…
①断裂部のジョイント
まずは断裂していると思われる部分を、出来うる限り手技で引っ付けます。
その方が早く回復します。

➁テーピング
キネシオテーピングによってジョイントした状態を安定させます。

急性期にはRICEも行います。


ばね指

「ばね指」とは、腱の肥大によりおこる症状で、「肥厚性腱鞘炎」 や、「弾撥指(だんぱつし)」と呼ばれることもあります。
指の使い過ぎや、加齢で起こると言われています。
指を伸ばす時にスムーズに伸びるのですが、ある一定の場所まで指を伸ばしていくと一旦止まり、さらに伸ばそうとすると「カクンッ!」と、バネが急に伸びたかのように動く状態を指します。
一般的に、
➀指の屈伸がスムーズに動かなくなる
➁指が引っ掛かる
➂指が曲がったまま伸びない
というふうに症状が進行し、指が動かない状態で放置しておいた場合、筋肉は衰えて、力がどんどんなくなっていきます。
ばね指の場合、痛みがほとんど無いので放置している方も良く見られますが、早めに手当てが必要になります。

当院では主に…
①筋、腱のバランスをとる
筋肉や腱のテンションのバランスをとって、拘縮部位の改善をします。

➁テーピング
キネシオテーピングで状態を安定させます。

また、関節の動きの改善や、小腸の働きが乱れることで、頚肩腕のバランスが乱れて、腱鞘炎にもなりやすくなるともあるので、場合によってはこれらの調整も行います。

画像の説明  

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional